メインイメージ画像

風俗バイトで見かける客層

風俗バイトで働いているときにお店に来たお客さんの勤務先は専門商社、年齢は40代後半、体格は小さいけど骨太って感じ。そんな、フルマラソンが好きそうなお客だけど、プレイルームに入るなり、自分のバッグから手首用血圧計を取り出したのね。「チ〇コに巻きつけてください」なるほど脱がせてみれば、短いけど極太。これなら手首用血圧計も使用可能かも。そう思ってフルボッキさせた状態で巻いてみた。

やっぱりゆるいかも……と思いつつ測定ボタンを押すと、「ブー」という情けない音とともに、手首用血圧計がチ〇コを締めあげていったの。たぶん普通サイズのチ〇コならエラーが出ると思うけど。なんとか、彼のチ〇コは手首用血圧計のサイズに合った。さすがに亀頭は見えないけど、上からのぞき込むとまるで、コンビニのおでんの具のウインナー巻きみたい。測定し終わって、手首用血圧計は「プシュー」っていう音を出して、元に戻った。

血圧がちゃんと測れたかはわからないけれど(笑)。そんなことを4、5回も繰り返したんだけど、そのたびに彼はかなり気持ちイイらしく、ヘロヘロとだらしない顔になってたわ。尿道口からガマン汁が、泉のようにあふれ出してた。そんな面倒なことしなくても、私の手コキのほうが、何千倍も気持ちイイのに……。たまに、マニアの気持ちがわからなくなる。

更新情報